日焼け止めと化粧下地どっちが先?メイクの上から塗り直し法は?

公開日:  最終更新日:2015/08/21

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s
日差しが強い季節になると、特に紫外線が気になりますよね。

数年後、大変なことにならないように日焼け止めをきちんと
つけることが大切です。

さて、みなさんはお化粧をするとき、日焼け止めや化粧下地など、
つける順番を迷ったことないですか?

そこで、毎日の生活で浴びる紫外線の対策のために、

日焼け止めと化粧下地はどっちが先につけたらいいのか?
SPFとPAについて。
メイクの上から日焼け止めの塗り直し方法。

をご紹介します。

ご参考にされてくださいね。

スポンサードリンク

 

日焼け止めと化粧下地、どっちが先なの?

日焼け止めと化粧下地は、どっちが先なんでしょうか?

これには2つの説があります。

その1)
一般的には、
化粧水→乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順番になります。

化粧下地は、顔の凹凸、毛穴、くすみ、シミなどをカバーするベースになります。

化粧下地はファンデーションを密着させますので、化粧崩れを防ぎますし、
紫外線も防ぎやすいので、結果的に日焼けを防ぎます。

また、化粧下地の上にファンデーションを塗ることによって
更に肌をきれいに見せる事ができるのです。

 

その2)
化粧水→乳液→化粧下地→日焼け止め→ファンデーションの順番です。

こちらは、太陽から近いところに日焼け止めがあったほうが、
日焼けを防げるというのが理由です。

太陽からみて、近い順番に言いますと、
ファンデーション→日焼け止め→化粧下地→乳液→化粧水となりますよね。

こちら順番の方が、理論的には日焼けを防げるということのようです。

 

しかし、化粧下地を先につけてから日焼け止めをつけて
ファンデーションをつけると、ファンデーションがよれてしまうことが
あります。

特に、色付きのコントロールカラー兼用の化粧下地の場合や、
毛穴カバーの化粧下地、コーンシーラーの場合は、とてもよれやすいです。

楽なのは、「化粧下地に日焼け止め効果が入っているもの」
または、「日焼け止めに化粧下地の効果も兼ね供えているもの」が良いですね。

これって、意味は同じなんですが、
商品名が「化粧下地」と「日焼け止め」とに分かれますので
このように書きました。

どちらにしても、化粧崩れを防ぐには、出来るだけ塗るものが少ないほうが
崩れにくいので、化粧下地と日焼け止めが併用できるものが良いですね。

 

化粧下地と日焼け止め併用の商品です。

日焼け止めのSPFとPAの意味は?

紫外線防止効果は、SPFとPAという指標で表します。

SPFは紫外線B波(UVB)をカットする時間の長さを表します。
最大50です。

SPF1を20分で計算します。
SPF30の場合は、20分×30=10時間持つ、という意味です。

PAは紫外線A波(UVA)をカットする力を表しています。

「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階です。
「+」の数が多いほど防止効果があります。

 

SPF50の日焼け止めは肌に悪いの?

日焼け止めは、数値が大きいほど肌に負担はかかります。
SPFが高いと、その分成分も強いということです。

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という成分が含まれています。

紫外線吸収剤は、
紫外線が肌にとどく前に紫外線を吸収し紫外線を防いでくれます。
しかし、紫外線吸収剤は、肌の上で紫外線などを吸収して放出する化学反応を
起こしているので、効果は強いけれど肌には刺激となります。

敏感肌の方でしたら、肌荒れ、かぶれ、乾燥などの症状が出る場合もあります。

 

紫外線散乱剤は、
紫外線を反射するミラーのような働きをして、肌に紫外線が当たるのを
防いでくれます。

こちらは「ノンケミカル(散乱剤だけ)」と書かれているものでお肌には
優しいです。

 

今は肌への負担を考え、紫外線吸収剤を使用しない製品が増えてきていますが、
SPF50には、紫外線吸収剤が入ったものが多いですし、
汗に強いウォータープルーフのものにも紫外線吸収剤が入っているものが
多いです。

ただ、強い紫外線は肌に良くありませんので、用途によって使い分けるのが
良いですね。

日常的にはSPF25もあれば十分ですが、塗り方によっては日焼けして
しまいます。

完全に紫外線を防止するには、薄く伸ばしてつけるのではなくて、
軽く叩くようにして、厚めに塗るのが良いでしょう。

また、汗で落ちてしまったりしますので、こまめな塗り直しが必要です。

スポンサードリンク

 

メイクの上から日焼け止めの塗り直し方法

メイクの上から日焼け止めの塗り直しってどうすればいいのでしょうか?

日焼け止め用のパウダーで化粧直し

日焼け止めパウダーを使うと便利です。
簡単に紫外線対策できるので重宝しますよ。

ファンデーションを何度も重ねると、むらになったりしますので、
パウダーは、サラッとした仕上がりでとってもオススメです。

メイクの上から、ポンポンとなじませるだけで紫外線対策ができるので便利です。

さらに、紫外線対策とメイク崩れ防止が一度にできるところが良いです。

特に、汗をかきやすく日焼け止めの落ちが気になる方、
テカリや化粧崩れが気になる方におススメです。

 

日焼け止めの塗り直しはスプレーで

メイクの上からスプレータイプの日焼け止めをするのも簡単で便利ですね。

サラっとした仕上がりで、透明なのでベースメイクへの影響もありませんし、
スプレーするだけなのでとっても楽ですね。

スプレータイプは髪の紫外線対策にも使えるのも良いですね。

 

まとめ

紫外線は一年中、降り注いでいます。

きちんと紫外線対策をしていないと、数年後には大変なことに
なるかもしれません。

シミやしわなど作らないように、しっかり紫外線対策をしていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑