鼻の黒ずみとブツブツの原因と対策ご紹介。角栓の正しい取り方って?

公開日:  最終更新日:2016/09/22

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s
鼻の毛穴の黒ずみやブツブツ、気になりますよね。

メイクで隠そうとしても、かえって目立ってしまったりして
本当に嫌になっちゃいますよね。

この毛穴の黒ずみ、ケアしてもケアしてもぜんぜんなくならない!
と、お悩みの方も多いと思います。

そこで、鼻の黒ずみ、ブツブツの原因と対策をご紹介します。

また、鼻の角栓を取るときににやってはダメな事も
合わせてお話ししたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

鼻の黒ずみ、ブツブツの原因

鼻の黒ずみは毛穴の詰まりが原因

毛穴の中に角栓がたまり、その毛穴に詰まった角栓が酸化して固まり、
毛穴の黒ずみが出来ます。

角栓が出来る原因となっているものは、
古い角質や余分な皮脂、落とし残したメイク、ほこりなどが挙げられます。
角栓は70%の角質(たんぱく質)と30%の皮脂で出来ています。

その角栓が毛穴に詰まって毛穴が広がり、黒くブツブツしたいちご鼻
になってしまうのです。

角栓は、たまればたまるほど広がり毛穴の黒ずみが目立つようになります。

また、鼻は皮脂腺が多いため、ひどくなるとニキビや炎症の原因にもなります。

鼻の黒ずみは色素沈着が原因の場合も!

毛穴にできたシミが、黒ずみの原因のこともあります。

皮膚の新陳代謝が悪さや、紫外線によるダメージなどで毛穴部分に
メラニンがたまって黒ずんで見えます。

また、ゴシゴシ肌をこするなどの洗顔も肌に刺激を与えてメラニン生成の
原因になり、黒ずみの原因になります。

鼻を触ってザラつきや毛穴が詰まっていないのに毛穴が黒い場合は
メラニンが原因となっている可能性があります。

 

 

スポンサードリンク

 

鼻の黒ずみ、ブツブツ毛穴の対策は?

毛穴に詰まった酸化した角栓を、毛穴から取り除いてあげることが対策になります。
黒ずみ、ブツブツ毛穴を改善するには、毎日の正しい洗顔と保湿が最も効果的なケアです。

では、正しい洗顔と保湿ってどうやったらいいのでしょうか?

鼻の角栓の正しい取り方

①鼻の角栓を柔らかくする

1)蒸しタオルを使って毛穴を開かせ、毛穴にある汚れを落としましょう。

洗顔の前に蒸しタオルを1分程顔に乗せて毛穴を開かせ、柔らかい状態にします。
蒸しタオルの作り方は、タオルを水で濡らし500Wの電子レンジで約40秒程温めます。

②正しい洗顔方法

1)洗顔料をしっかり泡立てます。

洗顔料をメレンゲ状にしっかり泡立てるのがポイントです。
泡立てネットを使って泡立てると簡単にメレンゲ状の泡が作れます。

2)出来た泡で顔を優しく丁寧に洗います。

顔に泡を乗せた時に手が顔に触れるようでしたら泡が足りていません。
手で顔をこすらずに、泡を肌に密着させて優しくなでるように洗います。

3)ぬるめのお湯でしっかりとすすぎます。

冷たい水だと毛穴が閉じてしまいますし、熱いお湯だと肌の水分を取って
しまいます。

お湯をたっぷりとすくい皮膚をこすらないように、時間をかけてしっかり
すすぎます。
髪の生え際などは洗顔料が残りやすいので、しっかりすすいでください。

タオルで顔を拭くときも、絶対にゴシゴシこすらずに優しく抑えるように
しましょう。

③洗顔後はしっかり保湿します。

1)すぐにたっぷりの化粧水を顔全体につけます。

2)化粧水の後は乳液や保湿効果の高い美容液や保湿クリームなどでスキンケアをします。

 

ポイント
開いた毛穴を元に戻すため、洗顔後はすぐ保湿をしましょう。

洗顔後、顔に水分がまだ残っているうちに、すぐに保湿しましょう。
保湿することは、皮脂分泌の抑制、毛穴を閉じるのに効果があります。

 
 
こちらは
「黒ずんでいた鼻の毛穴がきれいになった」
「毛穴の開きがめだたなくなった」
と口コミで評判のクレンジングオイルです。



今なら期間限定「スキンクリアクレンズオイル」割引キャンペーン中
公式サイトはこちらから


私も使っていますが、洗ったあとゴシゴシ擦ったりしなくても毛穴が気になる鼻の横や鼻の周りがつるんとします。
毛穴の汚れや余分な皮脂をきれいにしてくれてる感じがします。
少しずつですが、毛穴の黒ずみも目立たなくなってきているし肌が明るくなって透明感が出てきているように感じます。
はっきり言えるのは、お肌の調子が良くなってきて化粧のりが良くなりました。

また、オイルクレンジングは乾燥しやすいものが多いですが、このスキンクリアクレンズオイルは洗顔後、つっぱり感やカサカサ感がなくて保湿ローションをつけたみたいにしっとりしています。

ウオータープルーフもきれいに落ちます。
w洗顔もいりません。
香りはさわやかな柑橘系の香りがします。

今だけの期間限定のキャンペーンは公式通販サイトからのみです。

  

鼻の角栓を取るのにやってはダメな事は?

鼻の角栓、黒ずみを取るのに毛穴パックはダメ?

乾いたらはがすタイプの毛穴パックは、
簡単に角栓や黒ずみが取れて気持ちはいいのですが、
その後、肌に穴が出来た状態になるので、また汚れがたまっていきます。

確かに毛穴の角栓や黒ずみはごっそり取れます。
でも、大抵が数日すると元のぶつぶつの鼻の戻ってしまいます。

はがすタイプの毛穴パックは、毛穴が開いたままになってしまうので、
また汚れが入って、さらに角栓ができてしまうという悪循環になるんです。

はがす毛穴パックは、角栓や黒ずみを取るのと同時に
次に使われる皮膚細胞まではがしてしまいます。

毛穴にたまっている角栓を、無理に引っこ抜く事になりますので、
毛穴が硬くなったり、肌を傷つけてしまう原因にもなり、
逆に黒ずみが出来やすくなってしまうのです。

鼻の角栓を絞り出すのはダメ?

鼻の毛穴の黒ずみが気になリ始めると、毛穴を指などで押して
無理矢理絞り出したくなりますが、爪で傷がついた場所から
細菌が侵入する可能性もあります。

爪でぎゅうぎゅう押し出すのは、肌を痛めてしまいまいますので
絶対にやらない方が良いです。

ただし、指の腹を使って「にゅる」と優しく軽く押し出すのであれば
大丈夫です。

 

 

まとめ

少々時間はかかりますが、毎日の正しいケアこそ角栓のない
美肌への確実な道なのです。

保湿をしっかり行い肌が潤った状態になれば、
開いた毛穴も徐々に目立たなくなるでしょう。

正しい洗顔は、ニキビ予防にも効果的です。
当然、日焼けにも注意しましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑