土用の丑の日って土曜日?意味と由来を分かりやすくご紹介

公開日: 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

9fdbc39f0bdcdfe88615b9b1c04b15cc_s
土用の丑の日と言えばうなぎですよね。

土用の丑の日と言ったら暑い夏に
夏バテ解消にうなぎを食べる。

というイメージがありますが、
曜日は土曜と関係ないみたいですね。

では、土用って何なんでしょうか?
丑の日って何なんでしょう?
また、どうして、うなぎなのでしょう?

そこで、土用の丑の日の意味や、うなぎを食べるようになった由来。
2015年の土用の丑の日はいつなのか?

また、うなぎにはどんな栄養があるのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

 

土用の丑の日の意味は?

土用とは

もとになっているのは、古代中国の五行思想である、
「すべての物事は木、火、土、金、水の5つの元素にあてはめられる」
という考え方です。

木、火、土、金、水を四季にあてはめると、

木・・・春
火・・・夏
金・・・秋
水・・・冬
土・・・季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の直前の約18日間

となります。

ですので、すべての季節ごとに土用がありますので、
もともと土用というのは年4回あるのです。

丑の日とは

丑の日の丑とは、十二支の干支の丑のことです。

かつて十二支は日にちや時間、方角にも適用され使われていました。

日にちに十二支を順番にあてはめていきますと、
12日に一度は「丑の日」が来ます。

土用の立春、立夏、立秋、立冬の直前の約18日間の間に
丑にあたる日が「土用の丑の日」となるのです。

また、土用が18日間あるのに対し、十二支は12個です。

ですので、十二支を「子・丑・寅・卯・辰・・・」と順番に
あてはめていきますと、18日間の間に丑の日が2回ある年もあるのです。

スポンサードリンク

 

土用の丑の日 2015年はいつ?

2015年の丑の日は以下の通りです。

◆春の土用の丑・・・4月19日

◆夏の土用の丑・・・7月24日、8月5日

◆秋の土用の丑・・・10月28日

◆冬の土用の丑・・・1月13日、1月25日

土用の丑の日は季節ごとに、年間を通してありますが、
一般的には土用の丑の日といえば夏の土用を指します。

また、年によっては、夏の土用の丑の日が2回ある場合もあります。

この2回目を「二の丑」と言います。

 

土用の丑の日にうなぎを食べるようになった由来は?

なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるという習慣ができたのでしょうか?

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣についての由来はいくつかあるが、
江戸時代の蘭学者「平賀源内」が発案したという説がよく知られています。

商売がうまくいかなくて困っていたうなぎ屋が、
夏に何とかうなぎを売りたいと源内の所に相談に行きました。

源内は、「本日、土用丑の日」と書いて店先に張り紙を
貼ることを提案しました。

すると、売れなかったうなぎがとても売れたそうです。

その後、他のうなぎ屋でもそれを真似て、張り紙をするようになり、
土用の丑の日には、うなぎを食べるという風習が出来たそうです。

 

うなぎにはどんな栄養素があるの?

うなぎにはビタミンA、ビタミンB、ビタミンD、ビタミンE、
そして、良質なたんぱく質、カルシウムが豊富に含まれています。

うなぎに含まれているビタミンAはレチノールと呼ばれ、
視力の低下や肌荒れを防ぎます。
また、免疫力を高めるので夏風邪の予防にも効果的だと言われています。

他にも、中性脂肪やコレステロールを抑えるEPAや血栓を防ぐDHAも豊富
含まれています。

さらに、うなぎの表面のヌルヌルはムコプロテインという成分で、
夏の暑さで弱った胃腸の粘膜を保護して消化吸収を助けてくれる
働きがあります。

こんなに栄養たっぷりのうなぎは、やはり夏バテ予防にもってこい
の魚といえますね。

楽天レビューで好評なうなぎ

 

 

まとめ

暑くなると、体がバテてきてあっさりしたものが欲しくなりますが、
疲れを感じたら、旨みたっぷりの「うなぎの蒲焼き」で
体力を回復させましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑