目が悪いのを治したい!目が悪い原因と治すトレーニング方法をご紹介

公開日:  最終更新日:2017/03/13

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

目が悪いとコンタクトやメガネがなくては生活できませんよね。

でも、度数が強いレンズだと目が小さくなって外ではメガネを
かけたくないし、コンタクトレンズだと目が乾いて疲れるし・・
肩こり、頭痛、首もこりもつらい。

出来るのなら、目が悪いのを治したいですよね。

そこで、
・目が悪くなる原因
・目が悪いのを治すトレーニング方法
をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

目が悪くなる原因ってなに?

目が悪くなる原因というのは、まだはっきりとは
解明されていません。

遺伝、環境、目を酷使している、ストレス、合わないメガネなど、
いろんな説はあります。
しかし、まだ研究の段階です。

暗いところで物を見ると目が悪くなると昔から言われていますが、
暗いところで物を見るのが直接目が悪くなる事には繋がらないです。

仕事でパソコンをずっと使っても、目が悪くなる人もいれば
そうならない人がいます。

ただ、病気やストレス、薬の副作用、栄養の偏りで視力が
低下するのは確かです。

両親や兄弟の視力が良いのに1人だけ視力が悪いという人もいます。

スポンサードリンク

 

目が悪いのを治したい!視力回復方法は?

1日5分の視力回復のトレーニング方法です。

紹介するのは、
外眼筋の緊張をほぐしながら鍛えるトレーニングです。

 

まず目の準備運動で外眼筋をほぐします。


<目のストレッチ方法>

1.目をギューっと強くつぶります。
  目を奥に引き絞るような感じです。

2.目を開け、顔を動かさず顎を引いたまま、
 10秒間、目だけ上を見ます。

3.目をギューっと強くつぶります。
目を奥に引き絞るような感じです。

4.目を開け、顔を動かさず顎を引いたまま、
10秒間、目だけ下を見ます。

5.目をギューっと強くつぶります。
目を奥に引き絞るような感じです。

6.目を開け、顔を動かさず顎を引いたまま、
10秒間、目だけ右を見ます。

7.目をギューっと強くつぶります。
目を奥に引き絞るような感じです。

8.目を開け、顔を動かさず顎を引いたまま、
10秒間、目だけ左を見ます。

 
次に指の先を目で追うトレーニングで鍛えます。

<眼球のトレーニング方法>

1.目の前で、人差し指で横にした8の字を3回描き、
その指の先端を目で追います。

2.次に、指を奥から手前へ行ったり来たりさせます。
これを3回、指の先端を目で追います。


この運動は眼球の外側にある外眼筋のトレーニングになります。

これを鍛えることで、眼球の動きが良くなり
ピントが合わせやすくなります。

この運動を、数日続けるだけで視力回復の効果が期待できます。

実際に視力0.5だった方が0.8にあがった方もいます。
メジャーリーガーのトレーニングにも取り入れているらしいですよ。

 

 

こちらは、ボールを目で追うだけの眼筋トレーニングです。
見るだけで出来るので簡単でやりやすいですね。

 

 

 

また、目の疲れにはブルーベリーが良いと言いますがアサイーベリーも目の疲れには良いと言われています。


 

 

まとめ

視力回復に効果のあるレーシックなどもありますが、

お金もかかりますし、リスクもありますよね。

この方法なら、お金もリスクもかかりませんし、
手軽に自宅ですぐに始められますね。

試してみて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑