デンタルフロスうまく使えない方必見!コツと種類、利点、欠点ご紹介

公開日: 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

私は、かかりつけの歯医者さんにデンタルフロスを薦められて、
少し前から使っています。

デンタルフロスとは、歯の間の歯垢や食べ物のかすを除去し
きれいにするための細い糸のことです。

最初はなかなかうまく使えなかったのですが、
最近はだいぶうまく使えるようになったかな
と思います。

でも、上の一番奥の歯を掃除するのはちょっと苦手です。

そこで、デンタルフロスの使い方のコツと種類、
利点、欠点、注意点をご紹介いたします。

スポンサードリンク

デンタルフロスの使い方のコツ

一般的な使い方をご紹介します。

まずは歯ブラシを使って、口の中の汚れをできるだけ取り除きます。

歯の間に汚れがたくさん残った状態でデンタルフロスを使用しますと、
歯茎の中に残っていた汚れを押し込んでしまうことがあるからです。

それが原因で歯茎の病気になるおそれもありますので
ていねいに歯磨きをしてくださいね。

次に、糸を左右に少しずつ動かしながら歯と歯の間に入れていきます。

歯の順番ですが、
いきなり奥歯から入れようと思っても入りにくいと思うので、
前歯から順番に入れていくようにします。
そうしますと、歯の微妙な角度の違いがわかり
やりやすいと思います。

この時、上から下へ真っ直ぐ、ぐいぐいと歯の隙間に入れようとしますと
勢い余って歯茎に傷を付けてしまうことがあります。

そんなことにならないように、少し斜めに傾けて、
ゆっくり左右に揺らすながら入れるようにしますと
歯茎を傷つけることを防げます。

また、歯垢を取ろうと強い力でデンタルフロスで歯をゴシゴシするのも
気をつけた方が良いですね。

詰め物をしている歯にデンタルフロスを使用するとき、
歯と詰め物の境目に細い糸が引っかかってしまう事があります。
それで、詰め物が取れてしまうことがありますので
あまり強い力を入れない方が良いです。

スポンサードリンク

歯医者さんに行くと、実際に患者さんの口腔内や絵を書いて
分かりやすく説明してもらえます。

歯の状態によっても使い方が異なる場合がありますので
詳しくは歯科医に御相談下さいね。

デンタルフロスの種類

デンタルフロスは糸だけのもの
柄が付いてるもの(いわゆる糸ようじ)があります。

奥歯は柄が付いてるほうがやりやすいですね。

柄が付いてる物にも、
普通の形と柄がY字型になっているものがあります。

糸だけの物でも、柄だけが別売りされてることもあります。

また、ワックスタイプというのがありますが、
こちらはすべりはいいようですが、あまり歯垢が取れない気がします。

100円ショップでも柄が付いてる糸ようじが売ってますね。
100円で50~70本入りです。

メーカー物のほうが糸が丈夫で切れにくいようですが、
100円ショップのものでも十分使用できます。

デンタルフロスの注意点、利点 欠点!

<注意点>
デンタルフロスを歯と歯の間に入れる際、上から下へ真っ直ぐに
歯茎に向かって勢い良く入れてしまうと、歯茎を傷つけ出血する
ことがあります。

必ず、左右に揺らしながら
ゆっくりスライドさせる感じで入れてくださいね。

<利点>
歯ブラシや歯間ブラシでは届かない、歯と歯のすき間の汚れを
落とせます。
歯垢や歯の間に残った汚れは虫歯や口臭の原因にもなります。

また、引っかかりがあったりフロスが擦り切れる場所が
見つかったら、歯垢や虫歯などのサインです。

痛みなどの自覚症状のない早い時期に
歯医者さんで検査を受けて下さいね。

<欠点>
悪いところは、きちんと使用している限りないですね。
しいて言えば、ちょっと面倒臭いところでしょうか。

まとめ

私は毎日、夜、歯磨きをしたあとにデンタルフロス
を使っています。

毎日歯磨きをしていても、
やはり歯の間は歯ブラシでは届きにくいものです。

虫歯の予防にもなりますし、
気になる口臭の予防にもなります。

歯周病などにならないためにも
定期的に歯科での歯のお掃除もしたいものですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑