お歳暮の由来。贈る時期は?相場と選ぶポイント。のしの書き方ご紹介

公開日: 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

年の暮に、お世話になった方への感謝の気持ちを込めて
おくる贈りものがお歳暮です。

最近では、お世話になった方だけではなく、
友人や知人、親族に親愛の気持ちを込めて
贈る贈りものとして少しずつ変わってきているようです。

そこで今回は
「お歳暮の由来」
「お歳暮を贈る時期」
「ついうっかりお歳暮の時期を過ぎてしまった場合のマナー」
「のしの書き方」
「お歳暮の予算はいくら位が相場なのか」
「お歳暮のギフトの選び方」
についてご紹介します。

スポンサードリンク

 

お歳暮の由来とは?

お歳暮という言葉は、
もともとは「年の暮れ」「年末(歳暮=せいぼ)」
という意味を表わす言葉でした。

昔は、歳暮の礼といって、新年に先祖の霊を迎えるために
必要な供物を、嫁いだり分家した人が、
本家や親元に贈りものを持って行く行事でした。

その後、毎年、年の暮れになると、
日ごろお世話になっている方に感謝の気持ちを込めて、
贈り物を直接、持参して渡してまわる習慣が出来ました。

これを歳暮回り(せいぼまわり)と言ったそうです。

やがて、贈答品そのものを「お歳暮」と呼ぶようになりました。

現在では、お世話になった人に一年間の感謝の気持ちを込めて
年末におくる贈り物を指す言葉となったのです。

お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?

一般的なマナーとしては、
お歳暮は12月10日から20日くらいまでの間に贈ります。

最近の傾向では、早めに贈る方も多くなったようです。

ただし気をつけたいのは、
鮭や昆布巻きなどのお正月用品を贈る場合は、
12月の末頃に届くようにした方が
良いでしょう。

ついうっかりお歳暮の時期を過ぎてしまったら?

うっかりしていてお歳暮を贈る時期を過ぎてしまった場合は
のしの表書きを変えて贈ると良いでしょう。

スポンサードリンク

もし贈る方のお宅にご不幸があって間もない場合などには、
先方が落ち着ちつくまで時期を少しずらして、
「寒中見舞い」や「寒中お伺い」といった時期に
贈ってみてはどうでしょうか。

のし紙の書き方


・12月上旬~12月20日頃
     お歳暮、御歳暮、御歳暮御伺

・12月20日を過ぎた頃~年内
     寒中御見舞、寒中お見舞、寒中お伺、寒中御伺

・1月1日~1月7日頃(松の内)
     御年賀、新年のご挨拶(喪中のお宅には使用しません)

・松の内過ぎ頃~2月4日頃(立春)
     寒中御見舞。寒中お見舞、寒中お伺、寒中御伺

相場の金額はいくら位なの?

お歳暮の予算は、だいたい3000円~5000円が
一般的と言われています。

しかし、それ以下であっても相手の方が喜ぶものであれば
失礼にはあたりません。

贈る相手の方に喜ばれるものを贈りたいですよね。
では、どんな贈りものを選んだら良いのでしょうか?

次は選ぶ際のポイントをご紹介しますね。

お歳暮ギフトの選び方のポイント


相手の家族構成をチェック
・ちいさな子供のいる家庭にはスイーツ系、ゼリー、お菓子など
・食べ盛りの子供がいる家庭には、麺類とか食用油とかハムなど
・年配の夫婦だけの家庭には、量は少なめで個包装の果物とか
 入浴剤など

季節感のあるものを選ぶ
・冬にはぽかぽか温まる鍋の材料など
・冬においしい蟹など
・寒い冬にはぽかぽか暖まる入浴剤など
・燗酒がおいしい日本酒など

他の地域に住んでいる場合は
・あなたが住んでいる地域でしか手に入らない特産品、銘菓など

毎年決まったものを贈る
・毎年決まったものを贈ると
「毎年ハムを贈ってくれる山田さん」というイメージになり、
 毎年楽しみにしていてくれるのではないでしょうか。

最後に

お歳暮をいただいても、基本的にはお返しは必要ありません。

お歳暮をいただいた場合は、確かに受け取った事の報告を兼ねて、
できるだけ早くお礼状を送りましょう。

とても親しい方でしたら、
出来るだけ早くに電話でお礼の気持ちを伝えても良いでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑