インフルエンザの予防接種の接種時期は?効果の有効期間と料金は?

公開日: 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

だんだんと寒くなり、もうすぐ冬ですね。

これからインフルエンザが流行り出す季節ですね。

インフルエンザに感染すると、高熱が続き
全身の関節が痛くなったりして
大変な思いをします。

特に子どもや高齢者は症状が悪化しやすく、
時には命に関わることもあります。

インフルエンザに感染しないようにするには
予防接種が有効だと言われていますね。

そろそろ予防接種を考えてる方も
多いのではないでしょうか?

そこで、インフルエンザ予防接種の
最適な接種時期、効果の有効期間、料金などを
ご紹介したいと思います。

ご参考にされて下さい。

スポンサードリンク

 

インフルエンザ予防接種の接種時期

インフルエンザの予防接種は、
ワクチンを接種してすぐに効果があらわれる
わけではありません。

インフルエンザの抗体が作られるまでには、
ワクチンを接種してから2週間くらいかかります。

なので、インフルエンザが流行り始めてから
予防接種を受けても感染してしまう場合もあります。

抗体が作られるまでの2週間の間にインフルエンザに
感染してしまうと、予防接種を受けていても
発症してしまいます。

毎年、インフルエンザは11月~12月くらいに
流行り始め、1月~3月くらいにピークを
迎えます。

ですので、
インフルエンザが流行り始める11月~12月に
抗体が出来ている状態にするには、
10月中旬くらい~11月くらいには予防接種を
受けるのが良いですね。

スポンサードリンク

インフルエンザのピークは1月~3月くらいですので、
遅くとも12月の上旬までには
予防接種を済ませておくのが良いでしょう。

予防接種の効果の有効期間は?

2週間かけて作られた抗体は、
予防接種をして1ヶ月後くらいに抗体の効果が
ピークになります。

その後3~4ヶ月で抗体は徐々に減って行きます。

ですので、予防接種の効果の有効期間は
抗体ができる接種後の2週間目くらいから
抗体がなくなる4ヶ月後くらいです。

一般的に5ヶ月と言われてます。

また、インフルエンザの潜伏期間は
1日~1週間くらいと言われています。

潜伏期間に予防接種をしても、
インフルエンザを治す薬ではないので
発症は防ぐことはできません。

インフルエンザ予防接種の料金は?

インフルエンザの予防接種の料金は
病院によって違います。

インフルエンザの予防接種は、
保険外診療(自由診療)なので、
費用は病院が自由に決められるのです。

ワクチンの仕入れ値に、初診料や注射手技料などを
加えて算出するのが一般的だそうです。

地域によって差はありますが、
一般的には大人が3000円前後で、
子供が2500円前後が多いようです。

もちろん値段が高くても安くても
効果は同じです。

予防接種を受けに行く前に
お近くの病院に連絡して確認するのが良いと思います。

まとめ

これから乾燥する季節ですので注意しましょうね。

インフルエンザが猛威を振るう前に
しっかり予防をしておきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑