年賀状の宛名の書き方。複数人の連名の場合は?会社や部署宛ては?

公開日:  最終更新日:2014/12/12

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

毎年12月になると、そろそろ年賀状の準備を始めないと、
って思いますよね。

そこで、年賀状を書く時にいつも悩むのが宛名の書き方です。

職場の上司や取引先、親戚などに出す時の宛名の書き方や
複数の人数の場合の連名の書き方など、
とっても悩みます。

何が正しいのか、本当に悩みますよね。

間違った宛名の書き方をして年賀状を出してしまうと、
せっかくの年始のご挨拶の年賀状なのに、
相手の方に不快な思いをさせてしまったりして
とても残念です。

そんな失敗をしないように
年賀状の宛名の書き方を調べましたので
ご参考にされて下さいね。

スポンサードリンク

年賀状の表書きの書き方の基本

住所を書く時

自分の住んでいる他の都道府県の住所へ送るときは、
都道府県名から書き始めると良いですね。

マンション名などは住所よりも少し下げて書きましょう。

住所は省略したりせず正確に書きましょうね。
省略すると失礼な印象を与える場合もありますので。

 

数字を書く時

「縦書き」の場合は漢数字で書くのが基本です。

 

名前を書く時

郵便番号の先頭の3つの四角の枠の中心に合わせ、
大きめの字で書くと、
バランスがよくきれいに見えます。

 



 

複数の人数の場合の連名の書き方

宛名に複数の人数を連名で書く場合は

スポンサードリンク

一人ひとりの名前のあとに
敬称(様など)を付けましょう。

人数が多くて名前を書ききれないときは、
「○○御一同様」で大丈夫です。

例)正しい書き方

・山田 太郎様
花子様

・山田家御一同様

(例)間違った書き方

・山田 太郎
花子様

 

 

会社の個人や部署などに宛てる場合の書き方

会社などの個人に宛てる時

会社名や部署名には敬称(様、御中など)を付けず、
個人の名前のみに敬称を付けます。

肩書きに敬称は付けないです。
「社長様」「部長様」と書くのは間違いです。

会社の部署などに宛てるときは、
部署名のみに「御中」を付けましょう。

例)正しい書き方

例)正しい書き方

・○○株式会社
△△部
部長 山田 太郎様

・○○株式会社
△△部御中

・○○株式会社御中

(例)間違った書き方

・○○株式会社
△△部
山田 太郎部長様

・○○株式会社御中
山田 太郎様

・○○株式会社御中
△△部御中

 

 

まとめ

年賀状のマナーもなかなか難しいですね。

最近は、印刷した年賀状やパソコンで自作した年賀状が多く
手書きでの年賀状がめっきり少なくなりましたね。

しかし印刷された年賀状でも、何か一言、
手書きで添えるだけも受け取る側は嬉しいものですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑