喪中はがきどこまで出す?何親等までが対象範囲?出す相手は?

公開日: 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

身内に不幸があった年は喪中はがきを出しますよね。

でも、喪中のはがきを出す時ってわからない事だらけで
いろいろと迷いますよね。

何親等までの身内に不幸があった時に喪中のはがきを出すものなのか?

喪中のはがきを出す対象者はどこまでなのか?

喪中はがきはいつ頃出すのが良いのだろうか?

など、いろいろ疑問がわいてきますが、
私が以前、喪中はがきを出した際にわかったこと、
おこなったことを書きたいと思います。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

喪に服すのは何親等までが対象範囲になるのか?

一般的には2親等までが喪中のはがきを出す対象範囲になります。

本来ですと

0親等の配偶者と1親等(親、子、配偶者の親、子の配偶者)までは1年間喪中

2親等の祖父母(配偶者の祖父母も含む)や
兄弟姉妹(配偶者の兄弟姉妹も含む)や孫、孫の配偶者は3ヶ月間喪中

でも普通は1親等2親等とも1年間喪中にする人が多いです。

3親等は叔父叔母、曾祖父母、ひ孫、甥、姪
4親等はいとこになりますが、
ここまで範囲に含める人は、あまりいないということです。

また、同居の家族であるかどうかも関係してきます。
2親等でなくても同居の家族なら喪中はがきを出します。

出す相手は誰に出す?

毎年、年賀状を交換している方たちに出して下さいね。

喪中はがきの本来の役割は
「自分にとって大切な方が亡くなったため、悲しみが深くてお祝いごとをする気持ちになれません。
ですので、今年は年賀状での新年のご挨拶を欠礼させていただきます。」
というお詫びの意味合いで送ります。

スポンサードリンク

親族間の場合は、承知の上として省略することもありますが、
それが正しいわけではないんです。

「今年は年賀状での新年のご挨拶を欠礼させていただきますね。」
というお詫びとして送るのですから、
通常は送付するのがいいのでは、と思います。

喪中にあることを知っているかどうかという話ではありません。

我が家では以前、義理の父を亡くしています。
義母からは欠礼状が届きましたし、我が家からも義母宛に送りました。
もちろん義父の兄弟間でも送りました。

それぞれの考え方だと思いますが、
通常、年賀状のやりとりをされている方であれば
送るのが良いのではと思います。

また、喪中はがきを出していない人から年賀状が届いた場合は、
寒中見舞いで返すと良いですね。

出す時期はいつがいいの?

年賀の受付が始まる前に余裕を持って出しましょう。

年賀状を出す人の実態は、12月20日以降に出す方が多いそうです。
早々と受付日に出す方もいらっしゃいます。

喪中はがきを、ご自分の都合かと思いますが、
年末ぎりぎりに出す人もいるようです。

こういう場合は、相手をあわてさせますので、
出さずに年賀状も出さないという形のほうが良いですね。

寒入りしてからお詫び方々、寒中見舞いを出すと良いです。

人によっては、喪中を知らずに年賀状を出してしまったことを
とても気にされ、謝る方もいらっしゃいます。

そういう余計な気遣いを先方にさせないためにも、
喪中はがきはきちんと前もって出しましょうね。

まとめ

冠婚葬祭のマナーやルールは難しいですね。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑