ベーキングパウダーとドライイーストの違い。代用出来る?使用法ご紹介

公開日:  最終更新日:2016/12/05

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

ベーキングパウダーとドライイーストってどこがどう違うと思いますか?

両方とも膨らむのは同じだし、あまり変わりがないのなら
どちらでもいいんじゃないの?
むしろ、値段の安いベーキングパウダーでいいんじゃない?
って思いますよね。

ところが、このふたつ、使い方は似ているけれど
全然の別のものなんですよ。

違いと上手な使いかたを知って
おいしいパンやケーキ、ドーナツ、ピザ、肉まん、クッキーなどなど、
いろんなものを手作りしてみませんか?
 

スポンサードリンク

 
 

何が違うのでしょうか?

ベーキングパウダーは炭酸水素ナトリウム等を原料にするふくらし粉です。

水と熱を加えることによって炭酸ガスを発生させ、
その気泡で生地を膨らませます。
焼いているときに膨らみます。

膨らむ力が少し弱いため、弾力のある生地は
あまり膨らませることはできません。

ドライイーストはイースト菌を乾燥させたものです。

時間をかけて、イースト菌が発酵することによって炭酸ガスを発生させて、
生地を膨らませます。
生地を寝かせることによって膨らみます。

膨らむ力はベーキングパウダーよりも強いので、
弾力のある生地でも膨らませられます。

 

 
 

使用方法はどう違うのでしょうか?

ベーキングパウダーは、ケーキなどを作るときに
混ぜて焼くと、ふっくら膨らみます。

ドライイーストのように発酵させなくても良く、
生地に混ぜるだけなので簡単にふんわり膨らませることができます。

なにより簡単で時間がかかりません。

パウンドケーキ、ホットケーキ、ドーナッツなどのお菓子類、
また、肉まんの皮などにも使用されます。

ドライイーストは、だいたいはパンづくりに使います。

ドライイーストは生地に混ぜた後、イースト菌が発酵しないと
膨らまないので、時間がかかります。

パンの他、ピザ、ドーナッツ、ナン、肉まんの皮などにも使用されます。

ドーナッツはベーキングパウダーで簡単に作れますが、
ドライイーストで作ってみると、ベーキングパウダーで作った時とは
また違って、ふんわりした食感でとってもおいしいですよ。

ぜひ作ってみて下さいね。

インターネットで「パン ベーキングパウダー」で検索すると、
ベーキングパウダーで簡単に作れるパンのレシピも見つかります。

私もそのレシピを見ながらベーキングパウダーで作ってみました。
出来上がりは、ふわふわの蒸しパンな感じでおいしかったですよ。

ドライイーストを使ったものとは、また別のものですね。

 

スポンサードリンク

 
 

ベーキングパウダーは代用出来る物はありますか?
ドライイーストはどうなのかな?

ベーキングパウダーは重層で代用できますよ。

ドライイーストは発酵させないと膨らまないので、
ベーキングパウダーを使うレシピに、そのままをイーストに置き換えても
膨らまないのでだめだと思います。

作るものにもよりますが、
「イースト菌は寝かせれば膨らむのよね^_^」といって、
ドライイーストを入れた生地を寝かせて発酵させても、
レシピどおりような食感にはならないです。

なので、ベーキングパウダーの代用品として単純にドライイーストを
使うというのは、少々無理があるかなって思います。

でも、それはそれで、レシピとはまた違って
良いかもしれませんね^_^

 
 

まとめ

結局は、どんな味、どんな食感にするかによって作り方や材料が変わってくるのであり、パンはこれ、ケーキはこれ、という決まりはないわけで。

ベーキングパウダーとドライイースト、それぞれの特性を知って上手に使い分けましょうね。
 
 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑