マイナンバーとは何?いつから?個人番号カードの取得方法ご紹介

公開日: 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

マイナンバー制度がこれから始まりますね。

でも、マイナンバー制度って、テレビでよくやっているけど、
よくわかりませんよね?

いったいマイナンバー制度とは何なのでしょうか?
いつから始まるのでしょう?

手続きの仕方。
また、メリットとデメリットも合わせて簡単にお話ししたいと思います。

ご参考にされてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

マイナンバーとは何?

マイナンバーとは、一人に一つ割り振られる12桁の番号のことです。

マイナンバーは一生涯変わることのない番号で、住民票があるすべての人に
割り振られます。

国や市区町村が持っている個人情報を、行政機関がマイナンバーで確認
出来るようになるため、窓口での手続きが少し楽になります。

年金や福祉などの手続きの際、提出しなければならない書類の量が
今までより少なくて済むようになります。

また、平成29年以降には、社会保険料の支払い状況などが自分で
確認できるようになる予定です。

 

マイナンバー制度はいつから始まるの?

マイナンバー制度は、平成28年1月から始まります。

平成28年1月1日から、年金などの社会保障や確定申告などの税金の
申請、手続き、管理にマイナンバーを使用することになります。

 

マイナンバーはいつ分かるの?

平成28年1月から始まるマイナンバー制度に先立ち、平成27年10月以降に
住民票の住所あてに送られてくる「通知カード」でわかります。

「通知カード」は、世帯主あてに同じ世帯の人の分がまとめて送られてきます。

「通知カード」には、名前、住所、生年月日、性別が記載されています。
顔写真は記載されていません。

この通知カードは、マイナンバーを証明するもので、マイナンバーを記載する
手続きに使います。

 

マイナンバーを記載する手続きは通知カードだけで
いいの?

マイナンバーを記載する手続きには、通知カードのほかに顔写真付きの
証明書などの本人確認が出来る書類が必要になります。

通知カードはマイナンバーを証明するものですが、通知カードには顔写真が
付いていないため、通知カードだけでは本人確認を証明することはできないのです。

しかし、「個人番号カード」を取得すれば、このカード1枚で手続きが出来ます。
「個人番号カード」はマイナンバーと顔写真の両方が記載されたカードです。
ⅠCチップが搭載されています。

平成28年1月以降に、希望者に無料で発行されます。

 

スポンサードリンク

個人番号カードの取得方法は?

通知カードと一緒に送られてくる「個人番号カード甲府申請書」
に、写真を添えて、署名または捺印をして返信して申請は完了です。

または、通知カードと同封されている書類に記載されている
ホームページからも申請できます。
その場合も、写真のデータを添えて申請します。

↓↓

平成28年1月以降に、各市区町村から交付通知書が送られて
きます。

交付通知書が届いたら、通知カードと本人確認書類を持って
各市区町村の窓口へ行くと、無料で交付されます。

マイナンバーのメリット

いろいろな手続きが楽になる

分かっている範囲では

・市役所では  ・・・ 児童手当の現状届の提出、ほか。

・勤務先では  ・・・ 就職や年末調整、ほか。

・年金事務所では・・・ 厚生年金の請求の手続き、ほか。

・保険会社では ・・・ 医療保険の請求の手続き、ほか。

・税務署では  ・・・ 確定申告の手続き、ほか

などです。

このような手続きがすべて、マイナンバーを記載することで簡素化
されます。

 

生活保護の不正受給や脱税を防ぐ

マイナンバーがあれば、勤務先にマイナンバーの提出が義務付けられて
いますので、所得を偽ることはできません。

納税額や収入状況まで、すべて丸見えになります。

 

マイナンバーのデメリット

個人情報の流出

この割り振られた番号は一生変わりません。

この一生変わらない番号が、もしも不正に流出してしまったら・・・!
と考えると恐ろしいですよね。

年金、収入、引越し先など、いろんなことがみんな知られてしまうんですよ。

悪用されたら、と思うと本当に恐ろしいです。

個人番号カードは身分証明書としても使用できるということですが、
カードには番号が記載されています。
ですので、使用する際はくれぐれも気を付ける必要があります。

 

まとめ

マイナンバー制度は、便利になるかもしれませんが、
危険も伴います。

マイナンバーはあらゆる個人情報が集約されています。
くれぐれも、絶対に人に言ってはいけません。

厳重に注意が必要です。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑