紫外線吸収剤とは?何が悪いの?敏感肌に合う日焼け止めは?

公開日: 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

d9202ce1cb532cb21dd0260de8db64ca_s
紫外線が強い夏は、日焼け対策を念入りに行う時期ですね。

紫外線を浴びると、シミ、シワなどの肌トラブルだけでなく、
皮膚ガンの危険もあり、最近は1年中紫外線対策は欠かせません。

日焼け止めや化粧品に入っている日焼け防止剤には、
「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」がありますが、
日焼けを防止する目的は同じでも、
肌への影響には違いがあります。

特に、紫外線吸収剤は肌に悪いと言われていますが、
それはどうしてなのでしょうか?

そもそも、紫外線吸収剤とは何なのでしょうか?

合わせて、さらさらで白くならない敏感肌の人に
おすすめの日焼け止めもご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

紫外線吸収剤とは何?

紫外線吸収剤とは、紫外線のエネルギーを吸収して自分の中に一旦取り込んで、
化学反応を起こして処理するといった性質の日焼け止めの成分のことです。

紫外線吸収剤は、肌が紫外線を浴びた時に、その紫外線を吸収して
熱や赤外線のエネルギーに変えて放出したり、紫外線吸収剤自身の分子構造を
一時的に変えるために消費したり、という化学反応を起こします。

その化学反応により、紫外線の肌への浸透を防いでくれる働きがあります。

紫外線吸収剤は、肌が紫外線を浴びている間中ずっと化学変化を起こし続けます。
そのため、時間が経つとどうしても壊れる成分が出てきます。
壊れた成分はもう紫外線吸収剤としての効果はありません。

そのため、定期的な塗り直しが必要です。

また、紫外線は、お肌だけではなく化粧品自体にも影響を及ぼします。
紫外線吸収剤は、製品が紫外線によって劣化したり変色や退色、
臭いの変化、容器の劣化、品質の低下などを防いでくれます。

 

紫外線吸収剤は何が悪いのか?

紫外線吸収剤は有機化合物なので人によってはお肌に刺激を
感じることがあります。

紫外線吸収剤が、紫外線を吸収したときに放出する熱エネルギーや、
その化学反応自体、また化学反応が起きた時に変化した物質が
肌への負担になる場合があると言われています。

また、紫外線吸収剤の成分の中には、生体内にはほとんど存在しない
成分も含まれています。
そのため肌に負担がかかります。

ほとんどの人は、この負担は肌への刺激にはなりません。
しかし、肌の弱い人や敏感肌の人には、この負担が刺激となってしまう
場合があります。

そのような場合は、紫外線吸収剤の入っていない製品を使用すると良いでしょう。
紫外線吸収剤不使用(フリー)と書いてある製品も多いので、
そういったものの中から、自分に合った紫外線対策化粧品を選ぶのが
いいですね。

 

紫外線吸収剤のメリット

・紫外線吸収剤を利用したUV製品は紫外線防止能力が高い。

・紫外線吸収剤を利用したUV製品は汗に強いです。

・塗っていても白浮きすることがありません。

・さらさらしていて塗り心地がなめらかで、使用感がとても良いです。

・製品が紫外線によって劣化したり変色、退色したりするのを防ぎます。

 

紫外線吸収剤のデメリット

・一定量の紫外線を吸収すると効果は弱まり、紫外線を吸収しなくなるため、
こまめな塗り直しが必要なのです。

・肌への負荷が大きいため、人によってはかぶれや痒みなどといった
アレルギー症状が出る場合があります。

スポンサードリンク

紫外線吸収剤の成分

代表的な紫外線吸収剤には下記のものがあります。

パラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシル
パラジメチルアミノ安息香酸2エチルヘキシル
オキシベンゾン
4-tert-ブチル-4-メトキシジベンゾイルメタン
メトキシケイ皮酸オクチル
ジメチルPABAオクチル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
ベンゾフェノン-9

などです。

一般的なUV化粧品は、数種類の紫外線吸収剤を組み合わせて配合されています。

 

敏感肌の人におすすめの日焼け止め!
さらさらで白くならないものは?

肌が弱い人や敏感肌の人のために、紫外線吸収剤も肌への刺激を
出来るだけ抑えた日焼け止めもあります。

また、マイクロカプセルに紫外線吸収剤を入れて、
直接肌に触れないようにした日焼け止めも出てきています。
より無害なもので吸収剤を包み込んで、肌に直に触れないようにしているのです。

こういったものでしたら、肌の弱い人や敏感肌の人でも安心して
使用できると思います。

 

こちらは、赤ちゃんも使える日焼け止めです。
紫外線吸収剤をカプセルでコーティングした、肌に直接触れないようにした
日焼け止めです。
大人も子供も安心して使用出来るのでおすすめです。

 

 

敏感肌や肌の弱い人にも使えるように作られている日焼け止めです。
皮膚科の医師や薬局ですすめられて使い始めたという方もいらっしゃいます。
お湯で落とせて、お肌に負担が少なくお子様と一緒に使えます。

 

まとめ

紫外線防止に、日焼け止めは塗った方がいいですが、
お肌の負担になるものもあります。

そもそも、日焼け止めだけで完全に紫外線がカットできるものでは
ありませんので、日頃から日傘や帽子なども合わせて使用することを
おすすめします。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑