中古車を初心者が購入する時の誰でも出来る注意点ポイント

公開日:  最終更新日:2016/06/16

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

安く購入出来るののが魅力の中古車です。

でも、中古車って故障が多いって聞いたりするし、
購入した後、不具合がいくつも出てきそうで不安ですよね。

初心者ですとなおさら、どこを注意して購入すればいいか分からないですよね。
車は、結構大きな買い物ですので失敗はしたくないですし。

そこで、あとで後悔しないように、
中古車を初心者する時の、誰でもできるチェックポイント
をご紹介します。

ご参考にされてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

中古車を購入するときは店選びが大切です

良いお店で買う事が一番です。
欲しい車のディーラーで探してもらうのが一番良いでしょう。

中古車の購入はディーラー直営の販売店がいいです。

自社の製品を取り扱うわけですから、より深く商品をわかっています。

買ったあとのアフターメンテナンスも安心です。

また、この次に新車を買う時にも相談出来ますし、
ディーラーですと他の店舗もありますし、
店がつぶれて無くなってしまった!って事もないでしょう。

 

走行距離をチェックする

走行距離の少ないものの方がいいですね。

走行メーターを戻す様な悪質な店もあるので注意が必要です。

 

ボディをチェックする

ボディに錆はないか、ニキビのように膨れている部分はないかなどを
チェックします。

フェンダーまわりやドア、トランクのすみの方もチェックします。

パーツの歪みがないかもチェックします。
運転席のドアが下がっている、フェンダーとドアの隙間が均等でない、
などは要チェックです。

 

中古車の車内の汚れをチェックする

走行距離をあまり走っていない車でも、
ハンドルのすれやシートベルトのペダルの劣化、天井のこすれなどをチェック
しましょう。

 


ボンネットの中をチェックする

エンジンやバッテリーなどがきれいなのは当然ですが、
チェックしなければならないのは、錆がないかどうかです。

塗装されていない部分に錆がないか、ネジはどのくらいさびているかを
チェックしてください。

また、フェンダーの取り付け部分も確認しましょう。
何ケ所か穴が空いている部分があるのですが、これは取り付けのズレを
見る為のものです。
数ミリならともかく、ズレて穴が塞がっているようなものはダメです。

 

タイヤをチェックする

タイヤの溝をチェックする

タイヤの溝のチェックです。
減っていたら新品を付けてもらいましょう。

タイヤの製造年数をチェックする

あまり、走行距離を走っていない車だと、タイヤの溝はそれほど減っていません。

しかし、溝は残っていても、タイヤは装着してから何年も同じという場合が
あります。
月日が経つとタイヤは劣化しますので注意が必要です。
 

スポンサードリンク

 

修復歴ありの意味と注意点

交通事故などで損傷を受けた車両のことを言います。
事故の大小に関わらず、フレーム部位などを交換したり修復した車のことを指します。

ですので、修復歴ありの車を購入する場合は、
販売店の方にどのような事故だったのか聞くことが大切です。
もし、事故の内容を詳しく話せないようであれば購入するのは控えた方が
良いかもしれません。

 

修復歴ありの中古車の見分け方は?

今は、修復歴の有無を表示しなくてはならなくなってますが
実際のところ、どこまで信じていいのだろうか・・・
と思ってしまいますよね。

でも、見分ける方法があります。

ボンネットを開けたときの付け根のボルトを見ましょう。

事故車だと、ボンネットをはずすので、このボルトが不自然に新しかったり
傷が入っていたりすることがあります。

他のは、ボンネットを開けて、ボディーとエンジンとのマウント部分にあるナットです。

このナットは、一度回してしまうと必ずキズが残ります。
回すということは、修復した証拠となります。
ですから、このナットだけが新しいというのもや塗装してあるっていうのも要注意です。

 

必ず、試乗しましょう

車検が残っていたら、是非試乗することをおすすめします。

オートマならギアが切り替わるときのショック、
マニュアルならギアの入りやすさ、
段差を越えたときの、異音やボディのきしみなどは試乗で簡単にチェック
できると思います。

また、アイドリングのばらつきや排気音が一定でないものは後で苦労するケースが
多いので注意しましょう。

 

中古車の保証

もっとも注意しないといけないのは「保証」です。
これは、店によって全く違いますが、多少車両価格が高くても1年くらい保証を
付けてくれる店の方がいいと思います。

保証期間は出来れば、長く付けてくれるに越したことは事はないですが。

保証の内容も、必ずしっかり聞いておきましょう。

特に、事故車などは素人には見分けることは、なかなか難しいですから、
もし、事故車であることが発覚したりトラブルがあった場合の対応を
チェックしておく必要があるでしょう。

 



 

まとめ

販売店の「納車の時にはきちんと整備しておきますから」という言葉を
信用しすぎるのも注意です。

出来たら、もうすでに満足できる状態にあるものを選ぶ方が間違いありません。

不安でしたら、車に詳しい人と一緒に行くのが安心だと思います。

良い車に出会えると良いですね。

 
 

こちらも合わせてご覧くださいね。
>>ボロ車は廃車にするしかない?故障車でもお得に下取り買取できる方法
 
 
 
 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑